◇ SUNCAD>お役立ち情報>本物を探し出せ!>なぜ業績が急転したのでしょうか

◆ 輝き続ける企業でありたいと思う ◆
SUNCAD-ULTRA-W
不況 会社を経営する方々にとっては、極めて厳しい現実を突きつけられている昨今であります。それはまさに鋭利な刃物で、今にも一突きで身体をズタズタにされようとしているに等しい状況と言っても過言ではないくらいの厳しさだと思われます。この難局をどうやって乗り越え、いかにして安定した経営を確立するかが今問われてると思います。
【今問われている問題点についての考察】
◇ なぜ業績が急転したのでしょうか
CAD 今ではA主任もB社員も以前にも増してはつらつと仕事に精を出しています。A主任の積算に対する豊富な経験と頭脳が、そっくりSUNCADシステムに格納搭載されて思い通りの帳票出力を得て、改めてシステムの凄さを実感された様子です。

「私は誤解していましたよ。コンピュータと人の調和の中で生まれてくる成果物ほど優れたものはないですね。」
「一時、首になるのじゃないかと、馬鹿な考えをしましたが、そうじゃないですね。人が正しく運用し使いこなすことで、コンピュータの能力を100%引き出し、その結果として成果が形になって生まれてくるですね。」
「以前のように、仕事に追いかけまくられることもありませんし、むしろ、余った時間にほかのことが出来ますからね。仕事が何倍も楽しくなりました。」
「お蔭様で、体調もすっかり良くなるし、生産性は以前の何倍にも高まるし、社長は喜んでくれるし、SUNCAD様様ですよ。ハハハ」

C社長に聞いてみました。
「社長、SUNCADを導入されて一番良かった点は何ですか?」
「そうだね、あなた方のおかげで、業務のあるべき姿がおぼろげながら見えてきた点かな」
「それと、なんといっても一番嬉しいことは、お客様から頂いたお金を無駄なく管理できるということかな。」
契約 「つまりそれは、わが社の最低限必要な適正利潤を、あらかじめ算出できることで、会社の実態を数字の上でビジュアルに掌握できるようになり、お金の使い方が目に見えて違ってきた点だろうね」
「以前はどちらかというとドンブリだったからなあ。ただ何となく儲かっているという、いわば、いい加減な感覚と錯覚の中で経営していたんだよね。今思うとぞっとするよ。」
「いやあ、ほんとにありがとう。助かったよ!」

C社長から強く握り締められた手の感触が、いまだに生々しくよみがえってきます。

つづく ⇒ 5.経営者トップが下さなければならない適切な判断と決断とは