◇ SUNCAD>お役立ち情報>SUNCADシステムを導入することで達成できること

◆ 単なるツールで終わらせない為に ◆
SUNCAD-ULTRA-W
会社にSUNCADシステムを導入しても、果たして思っていた通りの成果が上がるのだろうか、と、どなたも考えるところだと思います。
「どうせ、営業マンなんてものは、売らんがためには何とでも言うからなあ」
なんて声も聞こえてきそうですが、一方では、
「君の言う通りのシステムだったら、前向きに検討するだけのことがありそうだね」
なんて声もいただきます。
そこで、そのような声にお応えする意味で、SUNCADシステムを導入したら、どういうことが可能になるのか、どこまで達成できるかについて、私どもの意見を交えながら、少し詳しく述べてみたいと思います。

SUNCADシステムの特徴や機能などの詳しいことは、他のページに記載してありますのでそちらも参照して下さい。

ここででは、ちょっと視点を変えて、業務の流れに沿ったかたちで整理してみようと思います。
業務の流れに沿って分かり易く説明することで、より深くご理解いただけるのではないかと考えます。もちろん会社によっては、必ずしも同じ流れにならないこともありますので、該当するところだけを見ていただいて、参考にしていただければと思います。

このテーマのメニュー ↓
 ⇒ 1.SUNCADシステムは受注するためのツールとなりうるか
 ⇒ 2.お勧めしたいビジュアル営業の展開
 ⇒ 3.入力操作は誰にでも簡単に出来ると言うけど、ほんと?
 ⇒ 4.「原価管理は即ち利益管理です」と当たり前のことを敢えて申し上げる理由
 ⇒ 5.確認申請業務への対応
 ⇒ 6.お客様に対し「技術力で安心をサポートいたします」と言えますか?
 ⇒ 7.構造図書はどこまで充実しているか
 ⇒ 8.蓄積されたデータの積極的な活用と応用

つづく ⇒ 1.SUNCADシステムは、受注するためのツールとなりうるか