◇ SUNCAD>お役立ち情報>システム導入>SUNCADシステムは、受注するためのツールとなりうるか

◆ 単なるツールで終わらせない為に ◆
SUNCAD-ULTRA-W
会社にSUNCADシステムを導入しても、果たして思っていた通りの成果が上がるのだろうか、と、どなたも考えるところだと思います。
「どうせ、営業マンなんてものは、売らんがためには何とでも言うからなあ」
なんて声も聞こえてきそうですが、一方では、
「君の言う通りのシステムだったら、前向きに検討するだけのことがありそうだね」
なんて声もいただきます。
◇ SUNCADシステムは受注するためのツールとなりうるか
何をさておいても、受注がなければ会社は成り立っていかない訳ですので、当然このような期待感があってもおかしくありません。ですから、ここではずばり、SUNCADは受注するためのツール(道具)となりうるの?ということなのですが、はたしてどうでしょうか。

通常、営業担当の方の仕事は、見込み客を探し出すことから始まります。どうやって探し出すかが各社、各担当者の腕の見せ所となるわけですが、 あの手この手の作戦が功を奏するのかどうかは、営業戦略上のキーポイントだけに、全神経を注がざるを得ません。

展示場展開、豪華なパンフレット作成やチラシ作戦、現場見学会等々、見込み客獲得のために、各社が凄まじいばかりの営業を展開しています。 見込み客獲得のための社内マニュアルがあるのかもしれませんし、場当たり的な勘に頼った展開をしているところもあるかもしれません。いずれにしても、これはまさに、個性や人間臭さを前面に押し出した、全くアナログ的な世界でもあります。

つまり、これは一つの考え方ですが、お客様は、一営業マンの話しぶりや、知識の豊富さ、熱心さや人間性などを通して、信頼できるかどうかなどの判断をめぐらせます。もちろん、社名や実績なども判断材料の一つではあるでしょうが、とどのつまりは、営業マンの好感度が受注につながる大きなポイントのような気がします。

そういった意味では、この世界はデジタル的な考えが全く通用しない世界なのかもしれません。

さてさて余談が過ぎましたが、振り返って、この段階でのSUNCADの出番はあるでしょうか。
はっきり言って、営業そのものはSUNCADシステムでは出来ませんので、出番はないと思います。もし、あるとすれば次のようなことが考えられます。

つづく ⇒ ⇒ 2.お勧めしたいビジュアル営業の展開