◇ SUNCAD>お役立ち情報>システム導入>確認申請業務への対応

◆ 単なるツールで終わらせない為に ◆
SUNCAD-ULTRA-W
会社にSUNCADシステムを導入しても、果たして思っていた通りの成果が上がるのだろうか、と、どなたも考えるところだと思います。
「どうせ、営業マンなんてものは、売らんがためには何とでも言うからなあ」
なんて声も聞こえてきそうですが、一方では、
「君の言う通りのシステムだったら、前向きに検討するだけのことがありそうだね」
なんて声もいただきます。
◇ 確認申請業務への対応
クリックで拡大 ↓
平面図最近の確認申請は、お役所の厳しさもあり、一昔前と比べますと、ややこしい手続きとはなりましたが、こと住宅に限っては、基本的にはそれほど難しいものではないと思います。必要な基本図面はもちろんのこと、自動で、建ぺい率・容積率はもちろん、道路斜線や北側斜線、採光等々、必要とされる法規チェックをして、作図もしてくれます。
図面上の不足感は全くありませんので安心です。出力する用紙サイズもA3、A2など自由に選択できます。
耐力壁を筋違にするとか、合板にするとかの選択はもちろん、選択された内容に基づく自動計算による対応はほんとにありがたい機能だと思います。

SUNCADシステムには、確認申請用紙そのものへ諸事項を記入する機能はありません。
従いまして、申請用紙は自社でエクセルなどを活用して作成されるか、インターネットサイトから無償でダウンロードして利用することとなります。

つづく ⇒ 6.お客様に対し「技術力で安心をサポートいたします」と言えますか?